僕は、PTAでは、立派な活動よりも「互いを認め合う関係、助け合う関係づくり」が大切だと思っています。

強い責任感と統率で任務を遂行するのも素晴らしいことですが、子供の生命に関わるような重要なことはPTAではほとんど行っていないと思います。

それよりも、失敗を繰り返してもそれでも互いを信じて助け合う伝統が築けたら、そのPTAは長続きするし発展すると信じています。