PTAは、ご存じのとおり Parent-Teacher Association の略ですが、堅苦しいため、

小学校では、「ピンチの時のアンパンマン」と言い換えたりして、アンパンマンの話を使って説明していました。

「保護者の会」のように教職員を含めない場合もありますが、PTAの方が教職員との連携を取りやすいというメリットはあります。

 

本部役員の引き継ぎが難しく、業務だけが引き継がれ、情熱は失われ「仕事」のように引き継いでいるPTAも多く見られます。

「PTA不要論」が出てくるのも当然だと思います。

どの学校のPTAでも、けっして手を抜いている訳では無く、むしろ、本部役員は自分の生活を犠牲にしながら運営されていると思います。

しかし、頑張っているのに、保護者の不満は減らないという悩みを多く耳にします。

そんな、全国で頑張っているPTA役員の皆さんを応援するために、様々な事を書いていきます。

校風や地域性などでも、最適な運営方法は違ってくると思いますが、基本的な考え方は共通だと思っています。